このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 青汁の基礎知識 青汁で痩せる?食事制限なし!飲むだけ!簡単ダイエット術

青汁で痩せる?食事制限なし!飲むだけ!簡単ダイエット術

198view

2018.01.24

青汁ダイエットは食事制限をしなくていいの?

あなたは野菜、足りていますか?

「ダイエットしたい」「でも忙しくて食事はいつもコンビニ食」「揚げ物や炭水化物ばかり好んで食べてしまう」野菜が必要なのはわかるけど、忙しい生活の中ではなかなか食事に気が回らない人も多いですよね。それにお肉や揚げ物をガッツリ食べたい日もあります。そうすると野菜の摂取量も減ってしまいます。

野菜は350gとよく言われますが、毎日しっかり食べている人はどのくらいいるのでしょう。よほど野菜を摂取しようと心がけない限り、野菜が足りていない人が多いのではないでしょうか。

青汁は頑張りすぎてしまうあなたにピッタリ

「今日からダイエットだ。食事制限だ。ヘルシーにするため自炊しよう」と気合を入れ、ご飯少なめ、野菜多め、お菓子も控える。最初は出来るかもしれませんが、今までたくさん食べていた人やあまり料理をしない人にとってはストレスになってしまいます。きっと頑張りすぎて、すぐに挫折してしまうでしょう。

お肉は美味しいし、炭水化物と脂物のコンビは最強です。少し気を抜いてしまうと野菜は後回しになってしまいがち。でも青汁ならさまざまな栄養素が含まれているので、普段の食事のお供に飲むだけ。最近食べ過ぎたなというときには、青汁で置き換えダイエットをするのも良いでしょう。普段からあまり野菜をとっていない人は食事のバランスを良くするために、青汁を取り入れてみませんか?

青汁ダイエットの効果

野菜不足の解消

ダイエット中の食事といえば「タンパク質」も必要ですが、まずは野菜ですよね。野菜にはビタミン・食物繊維・ミネラルなどの栄養がたくさん含まれています。青汁には大麦若葉・明日葉などの野菜を含んでいるので、野菜不足を補うことができます。

青汁を飲めば野菜を食べなくていいかというとそれはまた違いますが、普段野菜不足の人はもちろん、バランスよく野菜を食べているか自信がない人でも、野菜をとるきっかけになります。また普段野菜を食べていても意外と必要な栄養素が足りていないこともあるので、そんな人でも栄養をより効率良くとることができます。

便秘の改善

お通じはダイエットとは切っても切れないものです。お通じが滞っているということは老廃物を溜め込んでいるということで、脂肪も溜めやすくなっています。また、便秘だと代謝の低下や冷え性の原因にも。体の冷えもダイエットの大敵なので、お通じを良くすることはダイエットにも良いことなのです。

青汁は食物繊維を含んでいるので、腸内環境を整えて毎朝の「すっきり」を目指します。便秘が改善されればお腹が引っ込む効果もありますし、お通じが良くなるだけで体重が数kg落ちることもあります。

青汁の選び方

飲み比べてみる

青汁が初めてで選び方がわからないという人は、まずは色々な青汁を飲んでみても良いです。スーパーや薬局ではたくさんの商品が発売されています。そんなにたくさんあると、何を選べば良いか迷いますよね。そんなときは少量入っているもので飲み比べてみましょう。青汁はどれも同じではありません。

商品によって主成分はもちろん、味にも変化があります。迷ったときにはパッケージに「美味しい」「飲みやすい」と書いてあるものを選ぶのもおすすめです。また通販で数袋を試しに飲めるものがあれば、それを活用してみるのも良いでしょう。

原料から選ぶ

青汁は何でも良いわけではなく選び方にこだわることで、より青汁の効果を発揮することができます。特に原料にはこだわりましょう。色々な原料が含まれている青汁も多いですが、ケール・大麦若葉・明日葉が多く含まれているものがおすすめです。これらの野菜にはお通じを改善する食物繊維や、むくみを解消してくれるカリウムが豊富に含まれています。

形状から選ぶ

青汁と言えば、水に粉末を混ぜるのが主流です。しかし最近ではゼリー状のものやペットボトルタイプも増えてきて、スーパーや通販でも気軽に買うことができるようになりました。お弁当と一緒に職場に持っていったり、小腹が空いたときでも、飲みたいときに手軽に青汁を摂取することができるようになりました。

青汁ダイエットの方法

料理に混ぜる

粉末の青汁はコップに入れてスプーンで混ぜたり、シェーカーに入れて混ぜたりする必要があり、忙しいときは少し面倒です。でも粉末ならではの良さもあります。粉末だと、料理に混ぜることができます。ホットケーキミックス・スープ・パスタソース・味噌汁・お菓子などに青汁を少し足すことで、毎日手軽に野菜の栄養を摂ることができます。

アレンジする

「今日は料理する気が起きない」「朝忙しいけど何かお腹に入れなくては」「青汁だけだと何か物足りない」そんなときにおすすめなのが少しアレンジすること。例えば普段粉末を水で溶かして飲んでいるのなら、牛乳に変えてみる・寒い時期はお湯にしてみる・蜂蜜を足してみるなどです。

ほかにも牛乳ではなく豆乳にすることで、女性に嬉しい「大豆イソフラボン」や、体内のコレステロールを排出する「大豆レシチン」なども摂取することができます。

食事前に飲む

食事をする順番は、野菜やスープから食べた方が良いと言われますよね。それは野菜に含まれる食物繊維が胃で膨らみ、満腹中枢を刺激してくれるからです。また食物繊維を食事前に摂取することで糖の吸収が緩やかになり、脂肪も溜め込みにくくなります。青汁を食事前に飲むことで、空腹感も穏やかになり食べ過ぎを防ぐことができます。

食事中に飲む

今日の食事は野菜が少ないかも、と思ったときに青汁を加えることでバランスの良い食事になります。また、コンビニ食・パスタ・ラーメンなど一品料理のときは炭水化物や脂質ばかりで、特に栄養が偏りがちです。そんなときにいつも飲んでいる水やお茶の代わりに、一緒に青汁を飲むのもおすすめです。

継続する

青汁ダイエットは継続することが何よりも大切です。今日1杯飲んだから、もう野菜は食べなくても良いということではありません。青汁ダイエットは野菜を摂るきっかけにもなり、日々の野菜不足の手助けをしてくれる効果があります。また継続して毎日飲むことで体がどんどん変化していくのです。継続のコツは「無理しすぎないこと」です。

何も「食事前に飲まなくては」「食事中に飲まなくては」と気を張る必要はありません。無理して時間や条件を決めて飲む必要もありません。自分のライフスタイルに合わせて続けて飲んでいればお通じも改善されますし、野菜不足が解消されてより痩せやすい体を作ることができます。しかし青汁ダイエットの魅力は「無理しなくても継続できる」ことにあります。

青汁は一昔前までは「苦い」というイメージがありました。しかし最近ではフルーツ風味や抹茶風味など飲みやすいものに日々進化しているので、美味しく続けることができるのです。ほとんどの青汁は1日1~2杯程度を目安に飲むことが推奨されているので、水やお茶代わりにがぶがぶ飲むのはおすすめできません。ただ「1日1杯を食事と共に」を心がけるだけでもあなたの野菜不足が劇的に解消されていきます。

ダイエットは我慢も必要だと思われがちですが、何より続けることが大切。無理な食事制限をしていると反動で余計食べ過ぎてしまうことも多いです。そんないつも無理して頑張りすぎて挫折してしまうダイエッターの皆さんにおすすめなのが青汁ダイエットなのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る