このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 青汁の選び方 青汁選びで大切な【飲みやすさ】で商品比較!ランキングTOP5

青汁選びで大切な【飲みやすさ】で商品比較!ランキングTOP5

244view

2018.01.24

ランキング第1位は「極の青汁」

この「極の青汁」は、甘みのある青汁なので飲みやすいと好評です。こちらはサントリー社の製品なので飲料メーカーがつくっただけあり、とても飲みやすい青汁となっています。青汁というよりも飲みやすい抹茶のような飲み心地であり、青汁独特の粉っぽさや青臭さがないので飲みやすくリピーターも非常に多いことでも有名です。

原料は大麦若葉と明日葉、そして抹茶や煎茶も実際に含まれていますから、お茶のかわりとしても飲めるほど青汁っぽさが少なく食事の時に一緒に飲んでも違和感がありません。そして飲みやすいというだけでなくもちろん栄養はたっぷりと含まれています。カリウムや食物繊維、ベータカロテンやビタミンEが豊富に含まれています。

そして極みの青汁にはケルセチンプラスが配合されています。ケルセチンプラスは抗酸化作用があるので体内の活性酸素を減らして健康と美容のサポートをしてくれる作用がありますが、それともう一つ「栄養の吸収力をあげる」という働きがあります。美容や健康だけでなく上品な甘さと濃厚なお茶のうまみで場所を選ばずお茶がわりとして飲める、美味しい青汁です。

水で割ったり牛乳で割ったりしても楽しめるので「とにかく飲みやすい青汁」を探している人におすすめです。青汁の選び方は人それぞれですが、飲みやすさでいうとナンバーワンなので、青汁の選び方が分からないという人も一度試してみるといいかもしれません。

ランキング第2位は「すっきりフルーツ青汁」

「すっきりフルーツ青汁」は今話題のフルーツ青汁です。フルーツ青汁とはフルーツがたくさん含まれていて甘みがあることが特徴で、この青汁の特徴も苦みのないジュースのような飲み心地であることです。ほんのりと果物の甘さがあるので野菜ジュースに近く、青汁でイメージするような青臭さや粉っぽさもありません。

80種類以上の酵素に乳酸菌、更にはプラセンタやセラミドなど保湿効果のある成分も含まれているので、飲み続けることで健康だけでなく美容にも効果的です。他にも豆乳パウダーが含まれているなど、健康と美容、そしてダイエットなどトータルでサポートしてくれる青汁です。

食事制限をすると健康に害が出ることがあるので、無理なダイエットは良くありませんが、この青汁は野菜不足なども補いながら美味しく飲める商品です。青汁に含まれているケールは独特の青臭さがありますが、すっきりフルーツ青汁はケールを使用していません。そのかわりに明日葉やクマザナ、大麦若葉を使用しているため飲みやすいです。

そしてストロベリーエキスを加えることによって甘さを出し、フルーティーな飲み心地となっています。このすっきりフルーツ青汁はフルーツ青汁の中でも青臭さが少なくフルーティーさが強いのが特徴なので、「ジュースのような青汁」を探している人におすすめです。いかにも青汁といったものが好きな人には不向きですが、ジュースのように手軽に飲めるような青汁を探している人は試してみるといいかもしれません。

子供でも飲める苦みのなさなので、家族全員で飲むこともできておすすめです。青汁は選び方が大事なのでフルーティーな飲み物が好きという方は、フルーツ青汁の中から選ぶと好みのものをみつけやすいです。

第3位は「笑顔の青汁満菜」

「笑顔の青汁満菜」は他の青汁と同じように食物繊維やカルシウム、ビタミン類を多く含んでいます。クセのあるケールを使用せず、原料には大麦若葉と18種類の野菜をつかっているので非常に飲みやすい仕上がりとなっています。飲みやすいことでも定評のあるこの青汁は、コクがあり抹茶のような味なので青臭さがありません。

牛乳と混ぜて抹茶ミルクのようにしたり、ヨーグルトと混ぜて抹茶ヨーグルトにしたりして楽しむことができるのも特徴です。抹茶風味なので洋菓子と一緒に飲んでも合いますし、和菓子とももちろん合います。ホットケーキの材料やクッキーの材料に青汁の粉を混ぜて焼くなど、お菓子の材料と混ぜることも可能です。

野菜を美味しく手軽に摂ることをすすめている製品でもあるので、いろんな楽しみ方ができます。味にクセがないのでどんなものとでも相性が良いです。お湯はもちろん水でもサッと溶けるので、その日の気候や気分に合わせて飲むこともできます。「何かを混ぜて飲むこと」に向いている青汁なので、飽きがこないこともポイントです。

飽きないので長く飲み続けることもできますし、抹茶の渋みも少ないので非常に飲みやすい仕上がりとなっています。定番の牛乳や豆乳だけでなく、野菜ジュースに混ぜたりスムージーに混ぜたりと万能な青汁です。

第4位は「神仙桑抹茶ゴールド」第5位は「健康道場 美味しい青汁」

神仙桑抹茶ゴールド

4位にランクインした「神仙桑抹茶ゴールド」は抹茶のような風味ですが、他の抹茶風味の青汁と比べてもまろやかな青汁です。苦みが少なく濃い抹茶のような渋みもないので、子供でも飲めるような優しい仕上がりになっています。非常に飲みやすくクセが少ないです。この青汁の最大の特徴は、お茶職人が製造にたずさわっているという点です。

飲んでみても青汁と分からないくらいにお茶の風味が強いので、青臭さが全くない青汁を探している人に向いています。お茶職人がつくったというだけあって、単なるお茶ではなく美味しいお茶となっていますから、深い味わいのあるお茶が好きな人におすすめです。冷たいまま飲むのも良いですが、温めて飲むことでより美味しさを感じることができるので、ぜひホットで試してみてください。

神仙桑抹茶ゴールドは青汁っぽさが少ないですが、青汁なので栄養価は高く、食物繊維やビタミンも豊富に含まれています。カルシウムや鉄分といったミネラルも豊富なので毎日の健康をサポートしてくれるだけではなく、腸内をキレイにしてくれるのでダイエット効果も期待ができます。

日々の生活に青汁をプラスするだけで腸内がキレイになるので、無理な食事制限も必要ありません。抹茶よりも美味しいという意見もあるほど深い味わいなので、お茶好きな人におすすめです。

健康道場 美味しい青汁

そして第5位にランクインしたのが「健康道場 美味しい青汁」です。こちらは粉末タイプの青汁ではなく既に液体となっているタイプの青汁です。材料はケールにブロッコリーやキャベツなどの青野菜を9種類、そして2種類の果物を使用しています。こちらは若干クセのあるケールが入っているので青汁さが少々残っていますが、少量の青臭さが好きという人にピッタリです。

青汁と野菜ジュースを混ぜたような感じなので、その両方が好きな人に向いています。この青汁の特徴は、すりおろした野菜などの小さな粒が残っているので、スムージーのような飲み心地になっていることです。とろみが若干あるので満腹感を感じやすく、腹持ちが良いので朝食のかわりにすることでダイエット効果も期待できます。

食事制限をしてしまうと栄養が偏りがちですが、満腹感も栄養もあるので朝食を抜いてしまいがちな人にも向いています。まろやかで飲みやすい味わいとなっていますが、とろみがある分しっかり飲んだ感じがするので、間食にも代用できます。砂糖や食塩、香料なども使用していないので、野菜や果物本来の味を美味しく味わうことができる青汁です。

原料にリンゴとレモンが含まれているのでさっぱりしておりクセが少ないので、食事にプラスしたり代用にしたりと飲む時間を選びません。ほんの少しの青臭さが好きであり満腹感が欲しいという人におすすめの青汁です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る