このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 青汁の選び方 体の不調を改善できる!?お悩み別青汁の選び方

体の不調を改善できる!?お悩み別青汁の選び方

165view

2018.03.29

現代社会に多い慢性的な体調不良とは

現代社会の特徴とは

働き方改革という言葉をよく耳にすることがあると思いますが、忙しすぎる現代社会の中で、ほとんどの人が体に不調を感じているのではないでしょうか。少しずつではありますが、フレックスタイム制導入、残業時間の削減、有給休暇の義務化など、働く人の健康維持のために行われる政策も増えてきました。ですが、働き続けたい気持ちと働くことが出来る環境は伴っておらず、特に子供のいる家庭では、子供の預け先が見つからずに退職を余儀なくされるというケースも少なくありません。さらに、認可保育園不足により高額保育料の認可外保育園等に通わせるために共働きし続けなくてはならない家庭も多く、働く意義に疑問さえ生まれてしまうという現状です。

現代社会の中で多い体調不良とは

現代社会の中では、家族とのコミュニケーションに時間をとる事ができない程の長時間労働や育児や人間関係でのストレス、睡眠障害などを抱えてしまう事があります。これらにより風邪をひきやすくなったり、これまで問題なかった食べ物で蕁麻疹が出たり、突発的な咳、長期間咳が止まらない、肌荒れや吹き出物、倦怠感、胃痛、下痢や便秘など、病院へ診てもらっても原因が分からない症状を引き起こしてしまう可能性があります。現代社会の特徴により引き起こされる症状なので現代病と言っても良いかもしれません。

慢性的になる原因について

現代社会における体調不良の特徴として、慢性的という事が挙げられます。つまり、体にとって良くない生活習慣が招いた結果であり、生活習慣の改善をしない限り根本的な解決には至らない可能性が高いという事です。特に多くの人が陥っている睡眠不足は睡眠障害の一種で不眠といわれますが、質の高い睡眠がとれないことで免疫力低下や消化機能の低下、自律神経の乱れへつながり、体の機能が低下してしまう事で多くの不調を呼びよせてしまいます。機能低下を防ぐためにも睡眠時間の確保、そして食生活習慣の改善が必須となるでしょう。

続く体調不良はどう改善すべきか

医師へ相談

体調不良で生活に支障が出るような状況になってしまった場合、早急な対応が必要となるため医師の診察を受けることをおすすめします。体調不良は病気のサインでもあるため、この機会を利用して健康診断を受けてみるのも良いでしょう。病院では、個々の症状に合わせた症状緩和の薬を処方されますが、重要なのは薬の処方と一緒に出される医師のアドバイスです。専門家からのアドバイス症状の早期改善につながりますので、すぐに生活に取り入れることをおすすめします。

漢方を利用する

普段私たちが病院で処方されるほとんどの薬が西洋薬という事をご存知でしょうか。薬は大きく分けて西洋薬と漢方に分かれています。多くの人が普段使用している西洋薬は、病気を治し、症状を緩和する役割を持っていますが、基本的に体を冷やすものといわれています。それに対して漢方は、温める役割をもち血の巡りを良くして気の流れを整え、人間が本来もっている健康になろうとする力を高める効果があるとされています。たとえば、冷え性を放っておくと体の至る所に不調が表れてしまいます。風邪、肌荒れ、下痢、便秘、鼻炎、食欲不振、腰痛など、冷えが原因となるだけでも多くの不調を引き起こしてしまうのです。漢方の考え方は、一時的な治癒ではなく根本を解決するということです。つまり、治すのではなく強い体を作るのが漢方の役目となります。根本的な原因解決を望む人にとっては望ましい方法と言えるのではないでしょうか。ですが、漢方は治癒の薬ではないため、継続的に続ける事が大切です。

青汁を食事にプラスする

体調不良の原因として考えられる生活習慣の乱れ、これを解決するには食生活や運動、そして睡眠を見直す必要があります。ですが、子育てや習い事、部活動、共働きなど、普段ゆっくりと食事に時間をかけられない家庭では見直すのも難しいのが現状です。食事に重点を置くことで更に食事の準備に時間がかかるようになり、それにより睡眠不足に陥ってしまっては元も子もありません。そんな時は忙しい毎日のなかでも健康をサポートできる青汁がおすすめです。青汁には栄養豊富なケールや大麦若葉、明日葉、緑黄色野菜、熊笹、クロレラ、抹茶などが使用されています。原料は商品によって異なり、使用されている原材料によっては味やのど越しも変わります。普段の食事では不足しがちな食物繊維やビタミン、葉酸などを手軽に摂取する事ができるので、食事の際に飲んでいるお茶や水を青汁に変えるだけで多くのメリットを得られるのは明らかでしょう。

お悩み別おすすめの青汁とは

便秘、肌荒れ、外的刺激に弱い場合

季節の変わり目の肌荒れ、ホルモンバランスの乱れによる吹き出もの、慢性的な便秘など、これらの症状には食物繊維と水分が大きく関係しています。腸内環境を整えることで腸の動きが正常化して消化吸収がスムーズとなります。腸内の老廃物が体外へ排出され、されて新鮮な栄養を正しく吸収する事ができるようになります。それにより肌の新陳代謝が促進され、健康な肌への生まれ変わりを助ける事になるでしょう。乳酸菌は腸内環境を整えるためにはおすすめの食材です。肌や体の機能向上や外的刺激に強くなりたいという場合には、腸内活動を活発化する乳酸菌入りの青汁やヨーグルトと合わせた食べ方をすると良いでしょう。

睡眠不足やストレスによるイライラ、からだのだるさ

現代社会において、過剰なストレスや過労働により睡眠障害を抱える人が5人に1人いるといわれています。睡眠障害は、免疫力低下、消化機能低下、神経伝達機能低下など、心身に大きな影響を与えてしまいます。睡眠障害に特化したクリニックもあり、通院することで症状の改善を望むことはできますが、多くの人が定期的な通院が困難な状況にあるのが現状です。あります。睡眠障害をケアするにはメラトニンという眠りを誘うのに重要となる睡眠に関わるホルモンの分泌量を正常化する必要があります。睡眠障害がメラトニンの分泌量に関係しているからです。また、自律神経の正常化にはビタミンB群の存在を忘れてはなりません。メラトニンとビタミンB群を効率よく摂取するにはケールがおすすめです。ケールには、ほかの野菜に比べて豊富なメラトニンとビタミンB群が含まれています。病院へ行くほどではないが睡眠ケアをしたいという場合には、ケール原料の青汁を飲むことで睡眠障害の症状改善が期待できるためおすすめします。さらに睡眠を妨げないようにするため、カフェインや温度にも注意する必要があります。青汁を溶かす際にホットミルクを使用し、抹茶入りではない青汁を選ぶようにすると良いでしょう。

青汁で体調不良とならないために守る事

青汁は万能薬ではない

青汁にはとてもたくさんの栄養素が含まれており、体の不調の改善には効果的ではありますが、決して薬ではありません。薬は年齢に合わせて適量がきちんと定められており、規定量以上を摂取すると体調不良や副作用を引き起こしてしまう事もあります。厚生労働省により設定されている一日に推奨される野菜摂取量は350gとなっています。野菜を毎日350g以上摂取している人は少ないのが現状であり、推奨量をクリアする事は意外と難しいといっても過言ではありません。そこに青汁をプラスすることで推奨量をクリアする事も可能になってきますが、健康維持のためには毎日続けて摂ることが大切です。バランスの良い食事とともに青汁を飲む習慣をつけるとよいでしょう。

青汁でも起こる体の不調とは

青汁を飲んでいるからといって体が元気になるわけではありません。実は、青汁を飲みすぎることで起こる不調もあるのです。青汁には食物繊維が豊富に含まれています。そのため、摂取しすぎると逆に便秘や下痢を引き起こすこともあります。普段食べる食べ物いついて他の食べ物についても同じことが言えますが、栄養があるからと言って同じものを食べすぎてはカロリーの摂りすぎや栄養過多となってしまいます。基本にあるのはバランスの良い食事です。そこで足りない栄養素を補うのが青汁の役割であり、ダイエットのための飲みものではありません。飲みすぎることで体を壊すこともありますので注意が必要です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る