このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 青汁の効果・効能 やっぱり青汁はすごかった!女性が気になる3つの美容効果

やっぱり青汁はすごかった!女性が気になる3つの美容効果

137view

2018.01.24

栄養補給で美を磨ける青汁のメリット

手軽に栄養補給ができると、子供から年配の方まで幅広く人気があるのが青汁です。昔は青汁というと苦くて飲みにくいものでしたが、今は抹茶や緑茶がプラスされて味もおいしくなっていますし、原料に野菜や果物がたっぷり使われていて、フルーツジュース感覚で飲めるものも増えています。特に女性からの青汁人気が高まっていて、ダイエットや美肌にいいと話題になっています。

女性向けの甘みのある飲みやすい青汁も出ていますし、ダイエット向けや美肌向けに有効成分がプラスされたタイプもあります。女性に青汁が人気となっている理由の1つに、栄養分が豊富だということがあります。仕事や育児で忙しく、野菜不足で栄養がしっかりととれていない女性も増えています。

青汁でビタミンやミネラルなどをしっかり補給してあげると健康な体を作ることができますし、インナーケアとして美を磨くこともできます。水や炭酸水などに溶かして飲むだけで手軽に栄養補給できるうえ、体も健康になってくれて肌や体型にも作用してくれます。

ヘルシーな青汁ダイエット

栄養不足にならずに痩せられる

体重を落としたい、もっとウエストのくびれが欲しいなど、女性で体型に不満を感じてダイエットをしている方も多いです。ダイエットの定番は食事制限ですが、カロリーを気にして食事を減らしてしまうと栄養不足になってしまいます。体重が減っても、肌がかさかさになったり、体力が落ちたりしてしまいます。

栄養をしっかり補給できる青汁ならダイエットに活用しても、栄養不足にならずにすみます。青汁は低カロリーですから太る心配もないですし、体の内側から体質改善しながらダイエットに取り組むことができます。

カロリーを自然に減らせる

青汁は食物繊維が豊富ですからお腹の中で膨らんでくれて、空腹を感じにくくなります。食べ過ぎを防いでくれますので、全体の摂取カロリーを無理なく減らすことができ、ダイエットに効果的です。また、食物繊維は余分な糖質や脂質の吸収を防いでくれます。ビタミン類の中にはコレステロールや中性脂肪が増えるのを抑えてくれるものがありますから、血液中の糖質と脂質を減らすことができて、脂肪を増やさずにすみます。

原料として桑の葉が使われているものならDNJという独自成分が含まれていて、血糖値の上がり方を緩やかにしてくれます。糖質の吸収を抑えてくれて、脂肪となるのを防げます。

基礎代謝を上げて痩せ体質に

ダイエットと深い関係があるのが基礎代謝です。運動をしなくても消費されるエネルギーのことで、基礎代謝が下がることで太りやすくなってしまいます。食事制限のダイエットでは基礎代謝が落ちてしまって、逆に痩せにくくなります。栄養をたっぷりと補える青汁なら体内バランスを整えてくれて、体の機能がしっかり働くようになり、基礎代謝を高めてくれます。

また、青汁の有効成分の中には血行をよくしてくれるものもありますから、代謝アップには効果的です。代謝のビタミンともいわれるビタミンB群が豊富ですから、糖質や脂質などをしっかりエネルギーとして使ってくれて、脂肪として蓄えられるのを阻止できます。糖質や脂質を分解する時の補佐役となってくれるミネラルもたっぷり入っていますので、糖質や脂質の分解が促されて、食べたものが脂肪として体に付くのを防止できます。

いつもと食事の量は同じで活動量も同じなのに脂肪が付きにくい体になりますので、だんだんと体重も減ってきます。無理な食事制限なしでもゆっくり体重を落とすことができて、リバウンドしないダイエットが可能です。

ダイエット目的の青汁の選び方

青汁の種類によってカロリーが違いますので、なるべくカロリーが低くて糖質が少ないタイプがおすすめです。脂肪燃焼効果を高めてくれるようなダイエットサポート成分が配合されていると、脂肪を減らすのに役立ってくれます。原料に桑の葉が入っているタイプなら糖質の吸収が抑えられますから、ご飯やパン、麺類を食べ過ぎてしまう方に向いています。

インナーケアで肌を磨く

青汁の美肌効果

栄養がしっかりとれていると、それだけで肌の回復や再生がしっかり行われるようになりますから、美肌効果も期待できます。ビタミン類やミネラルが豊富な青汁は健やかな肌を保ちやすく、肌の悩みも改善されやすくなります。豊富なビタミンB群が、滑らかできめの整った肌を維持してくれて、ターンオーバーを正常化してくれます。

肌の修復効果を高める作用がありますから、ダメージを受けた肌の回復を早めてくれます。肌荒れ防止やコラーゲン生成を高めるパントテン酸やビオチンなどの働きで、美肌へと近づいていきます。

美白のビタミンCもたっぷり

青汁にはビタミンCがたっぷり含まれていますから、くすみ改善やシミ予防などにも役立ちます。シミやそばかすの元となるメラニンの働きを抑える効果を持っているので、シミをしっかり予防し、今あるシミのメラニンを薄くする作用にも期待できます。肌に透明感が出てきて肌のトーンも明るくなりますし、シミが少しずつ薄くなって若々しい肌を保てます。

また、ビタミンCにはコラーゲン生成を高める作用もありますから、肌のハリつやがよくなって美肌にも役立ちます。皮脂コントロール作用や毛穴の引き締め作用もありますから、ニキビ対策としても役立ちます。

青汁で肌のエイジングケア

エイジングケア化粧品のみでは太刀打ちできない、肌の老化に対しても効果を期待できます。インナーケアとして青汁を取り入れると、肌の状態も違ってきて潤いやハリを高めてくれます。肌の老化の大きな原因には加齢によるコラーゲン不足があり、しわやたるみなどが起きやすくなるのもそのせいです。青汁のビタミン類にはコラーゲン生成を高めるものが複数入っていますから、肌の内側からハリや弾力をもたらしてくれます。

徐々にしわやたるみが減ってきて、ふっくらと保湿された肌へと変化してきます。ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなど抗酸化作用の高い成分も豊富です。肌の老化の原因には、肌細胞の酸化というのもあります。活性酸素が年齢と共に増えることで酸化が起こりやすくなり、しわやたるみが起きてしまいます。抗酸化作用の高い成分は活性酸素を抑えてくれますから、アンチエイジング効果で肌の老化が抑えられて、しわやたるみのない、老けて見えない肌を作ってくれます。

美肌にいい青汁の選び方

美肌になりたくて青汁を飲むなら、ビタミンやミネラルなどの栄養豊富なタイプがおすすめです。しっかりと栄養がとれる栄養価の高い青汁を探してみましょう。また、保湿力を強化するためにも、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの美容成分が追加されているものだと、より効果的です。

腸内環境を整える

食物繊維の種類と働き

腸内環境が悪化してしまうと、腸の働きが鈍って便秘になりやすくなります。腸内環境の乱れは便秘だけでなく、代謝を低下させて太りやすくなったり、ニキビや肌荒れが起きたりするなど、美容にも悪影響を与えてしまいます。腸内環境を整えるのに役立つのが、青汁に含まれる食物繊維です。

水溶性食物繊維は便を柔らかくする作用がありますから、スムーズなお通じを迎えやすくなります。善玉菌のえさとなって善玉菌を増やし、悪玉菌をやっつけて腸内環境を整えてくれます。不溶性食物繊維は胃で溶けずに腸まで届いてくれて、腸を刺激して機能を活発にする作用があります。腸のぜん動運動が促されて老廃物を排出しやすくなり、便秘解消に役立ってくれます。

腸内環境改善にいい青汁の選び方

お通じや腸内環境の改善をしたいなら、食物繊維が豊富なものがベストです。水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく入っているものや、トクホ食品でおなじみの食物繊維の仲間、難消化性デキストリンが入っているものがおすすめです。乳酸菌が追加されているものや善玉菌のえさになるオリゴ糖配合の青汁もありますので、腸の善玉菌を効率的に増やし、腸内環境を整えてくれます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る