このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 青汁の選び方 美容に効果的な青汁の選び方【大麦若葉】の食物繊維が体に与える影響

美容に効果的な青汁の選び方【大麦若葉】の食物繊維が体に与える影響

151view

2018.01.24

美容と健康に効果の高い大麦若葉の青汁とは?

かつては健康に良いというよりも「不味い!」ことに注目が集まる傾向にあった青汁ですが、現在では非常に飲みやすいものに改善され、青汁愛好家も年々増加傾向にあります。

原料もオーソドックスなケールはもちろん、明日葉、長命草などのバリエーションが増えたことや、これらの原料を配合したものなどの商品開発が進んだことによって、食事制限を伴うダイエット時の栄養補給の方法として、青汁マーケットは益々の盛り上がりを見せてきています。今回はさまざまな青汁の原料の中でも特に人気の高い「大麦青葉」を取り上げて紹介します。

青汁の原料の特徴を理解しよう!

従来の「不味い!」青汁のイメージを作り上げたのはケールを主原料として作られた青汁でしたが、現在はさまざまな材料を配合したものが主流となっています。各商品とも商品開発が進んでいることから、選び方次第では美味しく青汁を摂取することは難しくないといえるでしょう。

大麦若葉の青汁といっても大麦若葉のみで作られている訳ではないので、まず大麦若葉の青汁に配合されることが多い、原料の特徴と代表的な成分を確認して青汁の効果的な選び方の参考にしたいと思います。

ケール

圧倒的な栄養価の高さから「緑黄色野菜の王様」と呼ばれる野菜です。栄養バランスに優れていることから食事制限を行うダイエット時の摂取にも適しているといえます。残念ながらアクが非常に強いことから強烈な苦味を持っており、不味い青汁のイメージを作り上げた野菜でもあります。

主な成分:βカロテン、ルテイン、ビタミンC、カルシウム、食物繊維

長寿草

沖縄の海岸沿いなどに自生する多年草で、平均寿命が長い沖縄人の健康を支えてきたといわれる野菜です。抗酸化力の高い成分を含み美容への効果も期待できると考えられます。近年青汁の原料に使用されることが多くなりました。

主な成分:ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カロテン、カルシウム、ポリフェノール

明日葉

八丈島原産の明日葉は非常に生命力の強い植物です。明日葉に多く含まれるカルコンは老廃物を代謝させる働きが強くデトックス効果が期待できることからむくみを解消したい方やダイエット効果を望む方にもおすすめできる植物です。

主な成分:カルコン、βカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、カリウム

注目すべき大麦若葉の有効成分である食物繊維とは?

テレビのバラエティ番組の罰ゲームに使用されるほど「不味い!」ことが特徴だといわれていた青汁のイメージを一新したといえるのが、「大麦若葉」を原料にした青汁だといっても過言ではないでしょう。大麦若葉はケールに比べると苦味が少なく「美味しく摂取できる」青汁の原料で、強力な抗酸化作用を持つ「SOD酵素」を含むためアンチエイジング効果が期待できる人気の高い青汁の原料といえるでしょう。

大麦若葉に含まれる主な成分はSOD酵素、βカロテン、ビタミンB1、カルシウム、鉄分、抗酸化フラボノイド、クロロフィル、リパーゼ、食物繊維などで、これらの成分を効率的に摂取することで食事制限を行うダイエットの際にも栄養バランスを崩すことなくダイエットのサポートをしてくれます。

意外と知られていない!食物繊維の高い効果とは?

一般的にタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルは5大栄養素として知られていますが、重要な働きを持つ食物繊維は「第6の栄養素」として注目を集めています。食習慣の変化から、日本人の食物繊維摂取量は激減していますが、大麦若葉の青汁には非常に多くの食物繊維が含まれていることから、非常に効率的に第6の栄養素である食物繊維を摂取することができるといえるでしょう。

大麦若葉自体が一般的な食べ物として普及しなかった最大の理由は、実はこの非常に硬い繊維質が原因でした。しかし直接食べることができなくても、大麦若葉から絞り出すことで豊富な食物繊維を含んだ大麦若葉の青汁は作れられています。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類が存在します。

水溶性食物繊維とは?

名前のとおり水に溶ける食物繊維です。果物や海藻類、こんにゃく、サトイモ、納豆など粘りのあるものに含まれています。体内に摂取するとゲル状に変化し、摂取した食べ物を包み込み炭水化物やコレステロール、脂質や塩分などの吸収を抑制する働きがあります。血糖値の急激な上昇を抑制することで、肥満や糖尿病の防止が期待できます。また腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える作用もあります。

不溶性食物繊維とは?

こちらも名前のとおりで、水に溶けない食物繊維です。腸内で水分を吸収し膨らむことで、カサが増し腸を刺激するので便通を誘発します。食物繊維は便秘に効果的だというイメージは、この不溶性食物繊維の働きからきているといえるでしょう。腸内の有害物質を吸収し排出する働きもあり、デトックス効果が期待できる食物繊維です。

大麦若葉の青汁で摂取可能な食物繊維とそれ以外の成分の働きとは?

既に紹介したように、人間の健康維持と美容効果には食物繊維が非常に深く関わっているといえるでしょう。粉末状の青汁の場合、大麦若葉100gで水溶性1.6g、不溶性39.5gの合計41.1gの食物繊維を摂取することができます。豊富な食物繊維を効率よく摂取するためには大麦若葉の青汁は非常に効果的だといえます。

ダイエットやデトックス効果が期待できる!

大麦若葉に含まれるリパーゼには蓄積脂肪を燃焼させる効果があると考えられています。さらに脂肪燃焼や代謝を司るチトクローム酸を活性化させるミネラルやビタミンも豊富に含まれていることや、大麦若葉がアルカリ食品であることで酸性に偏っている体液を中和させ、甲状腺機能を活性化させてホルモンバランスを正常化することで、効率よくダイエットを行える体に内面から変えていく効果が期待できます。

大麦若葉に大量に含まれる食物繊維には、コレステロールを抑制する働きも期待できると共に胆汁酸やナトリウムの排出を促す効果が望めますし、クロロフィルには有害物質の排出を促す効果が期待できるので、デトックス効果に繋がるといえます。

食物繊維の過剰摂取に注意は必要か?過剰摂取の副作用は?

どんなに体に良いものでも過剰摂取をしてしまうと何らかの弊害が発生するものです。食物繊維の過剰摂取で発生する副作用は次のとおりです。

  • 便秘の悪化や下痢
  • 必要な栄養素を排出してしまう

などの弊害が発生する恐れがあります。不溶性植物繊維を過剰摂取すると便が硬くなりすぎて、かえって便秘を引きこす可能性がありますし、下痢気味の場合も排便を促し続けることから症状が悪化する可能性があります。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂取することが予防のポイントですが、大麦若葉の青汁に配合されているバランスであれば問題ないといえます。

また必要な栄養素の排出は、腸内に異常に多くの食物繊維がある場合に発生する可能性がありますが、こちらも大麦青葉の青汁に含まれている食物繊維の量であれば全く問題ないといえるでしょう。

おすすめの青汁はやはり大麦若葉の青汁!

さまざまなタイプの青汁が発売されている中で、大麦若葉の青汁に注目が集まるのは青汁に含まれる豊富な食物繊維から得られるダイエット効果が高いことや、健康維持に効果的な栄養素がバランスよく配合されていること、そして選び方の大きなポイントだといえる美味しく飲めることなどを大麦若葉の青汁がクリアしているからだと考えられます。

現在大麦若葉の青汁だけでも多くの会社から発売されていますので、自分の好みの大麦若葉の青汁を探し出して素敵に健康維持を行ってみてはいかがでしょうか。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る