このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 青汁の選び方 青汁の選び方|ダイエット目的は明日葉原料使用商品がおすすめな理由

青汁の選び方|ダイエット目的は明日葉原料使用商品がおすすめな理由

135view

2018.01.24

内臓脂肪が減る

カルコンの働き

明日葉を原料にした青汁には、内臓脂肪を減少させる効果があります。この効果で重要になるのは、明日葉に含まれるカルコンという成分です。カルコンには、アディポネクチンという善玉ホルモンの分泌を促す効果があり、これが脂肪の減少に役立っています。アディポネクチンとは、脂肪細胞から分泌されるホルモンです。

これには、脂質や糖の代謝を活発にする効果があるため、体内に十分な量があれば、常にエネルギーを消費しやすい状態になり、痩せる効果が高まります。しかし、もしアディポネクチンが少なかった場合は、エネルギーをうまく消費することができず、体内に脂肪が蓄積されてしまうのです。

これを防ぐには、明日葉の青汁を飲んで、カルコンを摂取する必要があります。カルコンでアディポネクチンの分泌を促進させれば、エネルギーがどんどん消費されるようになり、ダイエットが成功しやすくなるのです。そして、カルコンを摂取するために最適な原料が、明日葉になります。

青汁の原料には、ケールや大麦若葉もありますが、カルコンを含んでいるのは、明日葉だけなのです。そのため、ダイエットのための青汁の選び方としては、原料が明日葉になっていることが重要になります。選び方に迷ったときは、原料をよく確認してください。

メタボリックシンドロームを防ぐ

内臓脂肪を減らすメリットは、ダイエットだけではありません。生活習慣病のひとつである、メタボリックシンドロームを防ぐこともできるのです。メタボリックシンドロームの対策としては、食生活の改善や適度な運動などが必要になりますが、時間に追われがちな現代人にとっては、いずれも簡単なことではありません。「改善しなければ」と思っていても、なかなか実行できないことが多いです。

そんなときは、明日葉の青汁を飲むようにしましょう。明日葉でエネルギー消費がしやすい状態をつくっておけば、ちょっとした工夫で脂肪を減らすことができます。普段よりも長く歩いたり、積極的に階段を使うなど、少し体を動かす時間を増やしただけでも、通常より多くのエネルギーを消費できるのです。

また、メタボリックシンドロームといえば、血糖値や血圧も重要なポイントになりますが、明日葉のカルコンには、これらを抑える効果もあります。健康的な生活を考えているなら、ぜひ明日葉の助けを借りてみましょう。

腸内環境が整えられる

便秘の解消

ダイエットを成功させるには、運動や食事制限など、重要となるポイントがいくつかありますが、便秘の解消も、その中のひとつになります。明日葉の青汁には、腸内環境を整える効果があるので、便秘解消には最適です。便秘を解消することによるダイエット効果は、張ったお腹がへこんだり、体重が軽くなるだけではありません。

そうした効果も大切ではありますが、それ以上に重要なのは、体内の不要物をしっかり排出するデトックス効果です。便秘は、腸の中に便が蓄積された状態ですが、このとき、腸内細菌の割合は、善玉菌よりも悪玉菌の方が多くなっています。そのような悪い状態が続けば、体内で有害な物質が発生してしまい、肌荒れや血流の低下など、さまざまなトラブルを引き起こしてしまうのです。

そうした悪影響の中には、代謝の低下も含まれています。つまり、便秘で有害な物質が増えると、エネルギーを消費する機能も正常に働かなくなり、ダイエットを妨げてしまうわけです。これを防ぐには、明日葉の豊富な食物繊維が役立ちます。

食物繊維は善玉菌のエサであり、腸内のよい環境を維持し、便秘を解消することができるのです。また、食物繊維は、体内の不要なものを大量に吸着して体外へ排出されるため、ダイエットの妨げになるような要素を除去することにもなります。

便秘薬より安全

ダイエットのために便秘を解消する場合、便秘薬を使って便を排出させる方法もあります。しかし、この方法にはリスクもあるので、注意が必要です。便秘薬を使うと、確かに便を出すことはできますが、あまり使いすぎると、普通に排泄することができなくなります。便秘薬の使用が習慣になってしまうと、腸の蠕動運動を弱めてしまうので、便秘薬なしでは便が排出されなくなってしまうのです。

また、効き目が薄いと感じた場合は、さらに効果の強い薬を使いたくなり、悪い循環ができてしまいます。こうしたリスクを避けるためには、薬にばかり頼るのではなく、腸内環境の改善を行い、なるべく自然な排泄ができるようにしなければなりません。

そのためには、食物繊維が豊富な明日葉の青汁が、とてもよい効果を発揮してくれます。食物繊維で腸の環境を整えれば、薬を使わなくても、スムーズに便が排出されるのです。それならば、腸の働きを弱める心配もなく、安心してダイエットに取り組むことができます。

むくみの解消になる

カリウムの利尿作用

ダイエットをするなら、むくみを解消することも、効果的な方法になります。体がむくんでいると、どうしても太く見えてしまうので、ダイエットを成功させるには、できるだけ解消しておかなければなりません。そこで注目したいのが、明日葉に含まれるカリウムの働きです。カリウムには利尿作用があり、体にたまった余分な水分を、体外に排出することができます。

むくみの原因は、血流の悪化で水分の循環が妨げられ、細胞の隙間に少しずつ流れ出てしまうことです。その漏れ出た水分が蓄積されると、むくみになってしまいます。そのため、カリウムの利尿作用で、体の水分を排出する効果は、とても重要なのです。

血流の改善

むくみを解消するなら、水分の循環を妨害する血流悪化も、しっかり改善しなければなりません。しかし、ダイエットに取り組んでいる人は、血流を悪くすることが多くなります。これは、食べる量をむやみに減らしたり、食事を抜いたりするような、間違った食事制限が原因です。無理な食事制限をすると、腸の活動が極端に減ることになり、自律神経が乱れてしまいます。

これが血流の悪化につながり、むくみの症状をひどくしてしまうのです。したがって、本当に痩せるためには、必要な分をしっかり食べ、血流を正常に保つことが大切です。そして、自然な血流を維持するためには、明日葉のカルコンが役立ちます。明日葉にのみ含まれるカルコンは、先述のような脂肪の抑制の他に、血行促進の効果をもっているのです。

カルコンを摂取すると、血管が広がり、血液がスムーズに流れるようになります。それならば、水分が漏れ出す心配はなく、むくみを防ぐことができるのです。

セルライト対策ができる

女性はセルライトに注意

女性がダイエットをする場合、青汁の選び方で迷ったら、明日葉を選んでおきましょう。なぜなら、明日葉には、女性にありがちなセルライトを予防する効果があるからです。セルライトとは、大きくなった皮下脂肪に老廃物が蓄積され、皮膚がでこぼこになってしまうものです。このセルライトが出てしまう部位は、皮下脂肪がつきやすい太ももやお尻なので、見た目の太さにかなり影響してしまいます。

そのため、確実にダイエットをするためには、極力避けなければなりません。また、一度セルライトになってしまうと、なかなか元に戻らないことも問題です。セルライトになると、青汁によるダイエットの効果も出にくくなってしまいます。

そのため、たとえ今はセルライトでなかったとしても、今後の対策をすることはとても重要です。ダイエットのために青汁を選ぶなら、ぜひこの点に注目して、セルライトを未然に防ぐ努力をしていきましょう。

セルライトに対する明日葉の効果

明日葉がセルライトの対策として有効なのは、カルコンを含んでいるためです。明日葉特有の成分であるカルコンには、脂肪の抑制と血行促進の効果があり、これらがセルライト対策にもよい働きをしてくれます。まず、余分な脂肪を減らすことができれば、皮下脂肪が大きくなる心配はありません。

また、老廃物の蓄積には血行の悪化が影響しているので、血の流れをスムーズにしておけば、セルライトは防ぐことができるのです。さらに、適度な運動とマッサージを組み合わせると、予防の効果をより高めることができます。しっかり対策をして、ダイエットを成功させましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る