このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 青汁の基礎知識 青汁を飲むとおならの回数が増える?青汁とおならの臭いの関係とは?

青汁を飲むとおならの回数が増える?青汁とおならの臭いの関係とは?

146view

2018.01.24

青汁を飲むとおならが増える原因とは

青汁に含まれている食物繊維が原因

「青汁を飲みはじめたらおならの回数が増えた」という方は多くいます。そのため、おならが出過ぎて困っている方もいますが、おかしなことではありません。青汁は、大麦若葉やケールなど栄養価の高い野菜が原料となっています。その原料になっている緑の野菜には、食物繊維が豊富に含まれているため、当然青汁には食物繊維が豊富に含まれています。

青汁に含まれている食物繊維は、腸まで届くと水分を吸収することにより膨らんでしまいます。そのことにより、腸が刺激されて腸の蠕動運動が促進されます。腸の蠕動運動が促進されると、便を排出しようとする働きから、おならが出る回数が増えやすくなります。おならはただ腸内のガスを排出するだけでなく、便を肛門のほうへ押し出す働きもあります。

そのため、便を排出して腸内環境を整えるためにおならが出てしまうことは、普通のことです。青汁を飲んでおならの回数が増えても、異常なことではないので心配ありません。焼き芋を食べるとおならが出やすくなるといわていますが、そのようなことと同じです。焼き芋に含まれている食物繊維が腸を刺激しているのです。

青汁を飲んでおならがたくさん出やすい人

腸内の状態により、青汁を飲みはじめておならがたくさん出るようになる人がいれば、おならの回数が増えない人もいます。それは、腸内の状態が悪い人がいれば、腸内の状態が良い人もいるということです。腸内の状態が悪いことによりおならがあまり出ない場合と、腸内の状態が良くておならがあまり出ない場合があります。そして、青汁を飲みはじめておならがたくさん出やすくなる人は、主に便秘の人です。

便秘になると、便が腸にたくさん溜まってしまいます。青汁を飲むことによって、その溜まった便が蠕動運動により押し出されようとするとともに、おならの回数が増えてしまうのです。このように、青汁を飲みはじめておならの回数が増えてしまうことは、腸内環境が影響しています。

おならが出るのを減らすには

青汁をたくさん飲んでいる人は飲む量を減らす

腸内環境を良くするために青汁を飲んで、おならの回数が増えてしまうのは仕方のないことです。しかし学校や職場などでおならが何度も出そうになると、それが悩みとなってしまうこともあります。学校や職場でも、お昼休みや休憩時間におならが出そうになったらトイレに行けば問題ありませんが、仕事中や授業中におならが出てしまうと周りから笑われてしまい、恥ずかしい思いをします。

また、おならは臭いので、周りに不快感を与えてしまいます。そのため、おならの回数が増えるということは、悩みとなってしまうことがあります。便や尿などと同じようにおならが出ることは生理現象であり、おならが出てしまうのはしょうがないことですが、青汁の飲み方によってはおならの回数を減らすことが可能です。

青汁を1日に何杯も飲むとおならの回数が増えやすくなります。それは、青汁に含まれている食物繊維を摂り過ぎてしまうことが原因です。食べ物や青汁で食物繊維を摂ると、食物繊維が分解されるときにガスが発生してしまいます。そのため、青汁を1日2杯以上飲んでいて、おならが出過ぎて困っている人は1日1杯にすることをオススメします。

青汁は毎日続けることが大切なので、1日1杯でも十分です。飲む量を減らすことによっておならの回数が減る場合があるので、青汁をたくさん飲んでいておならが出過ぎて困っている人は、青汁を飲む量を減らしてみましょう。また、青汁を飲んでから、どのくらい時間が経過するとおならが出やすくなるのかを把握しておくと良いです。

タイミングを把握し、青汁を飲むタイミングを変えることにより、おならが出やすい時間帯を変えることが可能になり、職場や学校、大事な場面でおならが出てしまうことを防ぎやすくなります。

炭酸飲料や空気を飲むこともおならの原因になる

炭酸飲料を飲むとゲップが出やすくなりますが、それが腸内に届いてしまうとおならとなって排出されてしまいます。炭酸飲料によるおならは、あまり臭いはありませんが、人前でおならが出てしまうと恥ずかしい思いをしてしまいます。コーラやサイダーなど、炭酸飲料の多くは糖分を多く含んでいるので、健康のことも考えるとコーラやサイダーなどの炭酸飲料は控えた方が良いでしょう。また、空気を飲み込んでしまうこともおならの原因となります。

食事をしているときや唾液を飲み込むとき、喋っているときなど無意識に空気を飲み込んでしまうことがあります。特に、食事で早食いをすると空気を飲み込みやすくなります。食事の際は、ゆっくりと食べることが大切です。早食いは消化に良くなく、消化されにくくなることがおならの原因にもなるので、早食いの人はゆっくりと食べて、食事を楽しむことを心がけましょう。

腸内環境が悪いとおならの臭いが強くなる

青汁は腸内環境を整えるのに最適

おならの臭いは腸内環境が影響しています。腸内環境が悪いほどおならの臭いはきつくなりやすく、便秘になっているとおならは臭くなってしまいます。便秘は、腸内に便が通常よりも多く溜まっている状態になりますが、その溜まっている便が臭いガスを発生させる原因になってしまいます。臭いガスが発生すれば、当然おならは臭くなります。

そのようなことから、腸内環境を良くすることがおならの臭いを軽減することに繋がるといえます。そこで登場するのが青汁です。青汁には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランス良く含まれており、便秘を解消し、腸内環境を整えることに役立ちます。

野菜だけでしっかりと食物繊維を摂ることは大変で、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良く摂ることは大変です。しかし青汁なら、その2種類の食物繊維を手軽にしっかりと摂ることができます。便秘が解消されれば腸内環境が良くなるので、おならの臭いが軽減されやすくなります。

おならの臭いを軽減するには生活習慣にも注意する

おならの臭いは食生活も関係しており、お肉・ニラ・玉葱・ニンニクなどはおならの臭いをきつくしてしまうので、食べ過ぎないようにしましょう。また、運動不足やストレス、不規則な生活は便秘の原因となることがあり、おならの臭いを強くしてしまうことがあります。そのため、適度に運動をしたり、好きなことでストレスを解消したり、規則正しい生活を送ることが大切です。

適度な運動ならストレスを解消させることができ、ダイエットにもなります。そのため、スポーツを趣味にすることはオススメです。食事制限ダイエットでは、食物繊維や水分が不足することにより便秘になってしまうことがあり、おならの臭いがきつくなってしまうので注意しましょう。

おならの臭いを軽減するための青汁の選び方

ここまでの説明から、おならの臭いを軽減するには腸内環境を良くすることが大切であり、食物繊維を摂ることが大切だということが分かったかと思います。腸内環境を良くするには便秘を解消することが大切になります。では、便秘解消効果に優れている青汁の選び方とはどのような選び方なのでしょうか?

便秘解消効果を重視したいのなら、大麦若葉と明日葉を原料にしている青汁が最適です。大麦若葉には不溶性食物繊維、明日葉には水溶性食物繊維がたくさん含まれています。便秘解消するには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良くしっかり摂ることが大切なため、大麦若葉と明日葉が含まれている青汁が効果的です。

また、大麦若葉にはビタミンやミネラルなども豊富に含まれているので、食事制限ダイエットにも最適になります。程度を超えた食事制限をすると、青汁を飲んでいても体調を崩してしまうので注意しましょう。慢性的な便秘の人が青汁を飲みはじめると、おならが多く出るようになってしまう場合があり、そのことにより青汁を飲むのを中止してしまう人もいます。

しかし飲むのを中止するのは良くなく、おならの回数が増えるのは腸が働いている証拠になります。おならの回数が増えても「腸内環境が良くなってきている」と思って青汁を毎日続けるようにしましょう。腸内環境が整ってくれば、おならの回数や臭いは軽減されやすくなります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る