このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 青汁の効果・効能 青汁は種類別の効果とは?青汁のタイプ別のメリットとデメリット!

青汁は種類別の効果とは?青汁のタイプ別のメリットとデメリット!

128view

2018.01.24

青汁を選ぶときのポイント

いろいろな種類が入っている

青汁はいろいろな種類の野菜が入っているタイプを選ぶことがポイントです。青汁は使われる原料によって効果が違ってくるので、できるだけ多くの種類が入っている青汁を選ぶことをおすすめします。青汁の原料として使用されることの多い大麦若葉・ケール・明日葉は、それぞれが栄養価の高い野菜です。

大麦若葉は豊富な食物繊維が入っているので便秘解消効果があり、ダイエットをする人にもおすすめできる野菜です。ケールは抗酸化作用があるので美肌にも効果がありますし、明日葉は高血圧など生活習慣病に効果的な栄養が含まれています。それぞれの野菜の特徴を合わせることによって、青汁1杯でたくさんの栄養素を摂取することができます。

日本原産の野菜を使用

青汁の選び方としては日本原産の野菜を使った青汁を選びましょう。特にメインとなる明日葉やケールなどの野菜は、日本原産の野菜にこだわることをおすすめします。原料は同じ野菜でも、作られた場所や地域が違えば栄養価も変わります。日本の野菜はしっかりと用法を守りながら作られますが、外国の一部の地域では大量生産をするために、農薬をたくさん使用して栽培することもあります。

青汁の選び方を間違えてしまうとせっかくいろいろな野菜が入った青汁でも、栄養価が少なければ意味がありません。安心して飲める青汁でなければ毎日飲み続けられないので、選び方のポイントを把握して安心できる青汁を選ぶことが大切です。

安すぎる商品は避ける

青汁を選ぶときに大切なことは、安すぎる商品はできるだけ避けることです。青汁を毎日飲む人は、少しでも安い商品を購入してコスパを良くしようと考えるでしょう。しかしあまりにも安い商品の場合、日本原産の野菜を使用していない可能性が高いです。賞味期限が短い商品や規格外などの商品であれば、アウトレット価格で購入することはできます。

しかし普通の値段であまりにも安い商品は、安心して食べられる野菜を使っているか疑問です。農薬をたくさん使用して作っていたり、カビが生えている野菜を使用していたりすることもあるかもしれません。安い理由には何かあるので、しっかりと見極めてから購入することが大切です。

タイプ別のメリットとデメリット

フリーズドライ

青汁のタイプとしてフリーズドライの粉末タイプがありますが、水に溶かして飲んだり、直接食べ物にかけたりして摂取することができます。真空状態にしてから野菜を粉末状にしているので、ビタミンも一緒に摂取できるメリットがあります。

しかし熱処理をしていないことによって繊維質が残りやすくなっているため、水に溶かして飲んだときにはのど越しが悪くなりやすいです。青汁の中ではオーソドックスなタイプなので、種類も豊富でいろいろな商品を選ぶことができます。

顆粒

顆粒タイプの青汁も粉末状にしていますが、あらかじめ野菜に熱処理をして乾燥させています。そのため日持ちもしやすいですし、乾燥した顆粒タイプなので水に溶けやすいメリットがあります。ビタミンは熱に弱い特性を持っているので、熱処理をした時点でビタミンが失われてしまいます。

ビタミンが少ないのでダイエット中の栄養補給に青汁を飲むときは、顆粒タイプ以外を選んだ方がいいでしょう。食物繊維やそのほかの栄養価はしっかりと摂取できるので、手軽に青汁を飲みたい人にはおすすめできます。

冷凍

冷凍タイプの青汁はほかのタイプよりも一番青汁の栄養素が高く、野菜本来の味も強い商品です。青汁を鮮度の高いうちに冷凍保存しているので、青汁本来の栄養素をそのまま摂取することができます。原料となる野菜の栄養素を丸ごと摂取できるので、栄養重視の青汁を飲みたい人にはおすすめです。

デメリットとしては保存するのにスペースが必要なことと、苦みが強いので人によっては飲めない可能性もあります。一度解凍したら全部飲み切らなければいけないので、青汁を手軽に飲みたい人にはおすすめできません。

錠剤

錠剤タイプの青汁は豊富な栄養素をギュッと詰め込んでいるので、サプリメントとして飲むことができます。錠剤であればいつでも手軽に飲めますし、苦みも感じないので誰でも飲みやすいです。デメリットは栄養の吸収力が遅いことと、効果が出るのが遅いことです。

栄養素をすべて吸収する前に排出されてしまうこともあるので、栄養の吸収効率はほかのタイプに比べると悪くなります。その分多めに錠剤を飲まなければいけないので飲むのも大変です。

ゼリー

いつでも手軽に青汁の栄養素を摂取できるのがゼリータイプです。ゼリー状になっているので水なしで食べることができて、気軽に栄養補給ができます。ダイエット中や運動の合間にも手軽に食べられるのでおすすめです。

デメリットは、栄養価がほかのタイプに比べると若干少ないことです。毎日青汁生活を送りたい人にとっては、ゼリータイプはおすすめできません。ダイエット中に小腹が空いたときに食べるなど、ゼリータイプは補助食品として摂取しましょう。

青汁がおすすめな人の特徴

野菜不足を感じている

青汁は普段野菜を摂取していない人におすすめしたい飲み物です。青汁には、健康的な生活を送るために必要な栄養がたくさん含まれています。食物繊維が豊富なので便秘気味の人にはおすすめですし、腸内環境を整える働きもしてくれます。また含まれている野菜によっては、生活習慣病の改善・高血圧予防・美肌効果などいろいろな効果が期待できます。

野菜を原料とした青汁には豊富な栄養素が含まれているため、食事制限中の人でも手軽に栄養補給ができます。毎日野菜だけで必要な栄養素を摂取するのは難しいので、野菜不足を感じている人にこそ青汁をおすすめします。

ダイエット中の人

ダイエットのために食事制限をしている人は、必要な栄養素が足りていないことが多いです。食事制限をするとどうしても栄養が偏ってしまうので、足りない栄養素を青汁から摂取することをおすすめします。

青汁にはミネラルやビタミンも入っているので、ダイエット中の栄養不足による肌荒れなども防ぐことができます。食事制限をして痩せたとしても、栄養の偏りによって変調をきたしてしまえば意味がないので、ダイエット中の栄養補給は大切です。

青汁を飲むときのポイント

飲みやすさと栄養価のどちらを重視するか

青汁を選ぶときのポイントとしては、栄養価と飲みやすさのどちらを優先するかによって決めましょう。栄養不足を補うために青汁を飲もうとしても、青汁独特の苦さによって飲めない人もいます。青汁によっては独特な苦さを緩和するために、いろいろな工夫がされている商品も多いです。青汁は毎日飲むことが大切なので、自分が毎日飲むことを想定して青汁を選びましょう。

飲み続けることが大事

青汁は毎日飲み続けることによって、豊富な栄養素の恩恵を受けることができます。栄養は食事から摂取するもので、栄養を摂ることによって生命活動をすることができます。そのため足りない栄養素があると体調を崩してしまうので、栄養は毎日しっかり摂らなければなりません。気まぐれに青汁を飲むのではなく、毎日しっかりと飲み続けることが大切です。

苦さを我慢して飲むのも良いですが、途中で飲むのをやめたり飲むことがストレスになったりしないようにしましょう。青汁を選ぶときは毎日飲み続けることを前提に、栄養と飲みやすさを考慮して選ぶことをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る